メモリ「RAM・ROM」を魔法少女に例えて分かりやすく解説【基本情報技術者試験】

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験で問われる半導体メモリのRAMとROMが美少女に思えてならないので、魔法少女に例えて解説してみた。

ふたりはメモキュア♥

ラムとロムは、私立メモリー学園に通う高校1年生。

ラムは勉強はできるけど、一度寝ると記憶が無くなってしまう残念系女子。

ロムは勉強はあまりできないけど、寝ても記憶は消えない元気系女子。

2人とも一見普通の女の子だが、それは世を忍ぶ仮の姿。

実は、秘密結社「コンピュータ」で 最高司令官「CPU」の命令のもと活動する魔法少女「メモキュア」なのである!

解説

コンピュータの記憶装置として使われる半導体メモリには、主にRAMとROMがある。

RAMは情報の読み書きができるメモリで、電源を落とすと記憶した内容が消える揮発性という特性がある。

ROMは情報の読み出しのみできて、電源を落としても記憶が消えない不揮発性という特性がある。CD-ROMやDVD-ROMで聞いた事がある人もいるだろう。「Read Only Memory」の略なので、覚えやすい。

でも実は書き込めるものも登場している。

RAMの種類

メモキュアになったラムは、DRAMモードとSRAMモードの2形態に変身できる。

DRAMモード

「DRAMモード!コンデンサ回路オン!」と唱えると、「コンデンサ」と呼ばれる体内の魔術回路が起動する。

DRAMモードのメリットは、以下の2点。

①コンデンサに大容量の魔力を蓄えることができること。

②消費MPが少ないこと。

DRAMモードのデメリットは、以下の2点。

①魔法の発動が遅いこと。

②精神負荷が高く、魔力が自然放出してしまうこと。

ラムの場合は、リフレッシュのために定期的に主人公から魔力を供給して、DRAMモードを維持する。

魔力の供給が切れると代償として記憶が失われるため、主人公の存在は必須である(ご都合主義)。

SRAMモード

「SRAMモード!フリップフロップ回路オン!」と唱えると「フリップフロップ」と呼ばれる体内の魔術回路が起動する。

SRAMモードのメリットは、以下の2点。

①精神負荷が低くリフレッシュが不要であること。

②DRAMモードよりも魔法の発動が速いこと。

SRAMモードのデメリットは、

・消費MPが多く、たくさん魔法を使えない

が挙げられる。

解説

RAMは主にDRAMとSRAMの2種類ある。

DRAMはコンデンサという部品に、電荷を蓄えて情報を記憶する揮発性メモリ。

主に主記憶で用いられる。

DRAMの特徴は、「安価で大容量だが、低速かつリフレッシュ動作(一定時間ごとに電荷を供給すること)が必要である」こと。

SRAMはフリプフロップ回路で構成された揮発性メモリ。

主にキャッシュメモリで用いられる。

SRAMの特徴は、「高価で低用量だが、高速かつリフレッシュ動作の必要がない」こと。

ROMの種類

メモキュアになったロムは、いくつかのモードに変身できる。今回は一部を紹介する。

マスクROMモード

文字通り、マスクをかけたロム。

一度マスクをかけたら、敵を倒すまで外すことは出来ない。

効果は特にないが、コロナウイルスには有効かもしれない。

EEPROMモード

電力を操り、敵の記憶を一部改ざんすることが出来る。小さい細かな記憶も改ざん可能。

フラッシュメモリモード

フラッシュビームを放つことで相手の記憶を改ざんすることが出来る。ある程度まとまりのある大きな記憶を改ざんすることができる。

解説

マスクROMの特徴は、「製造時に書き込まれたら、その後はデータの消去や書き込みは一切できない」こと。本来のROMはこれを指す。

EEPROMの特徴は、「電圧を用いる方式で、1バイト単位でデータの消去や書き込みが可能」なこと

ちなみに紫外線でデータを消去するUV-EOROMというのも存在する。

フラッシュメモリの特徴は、「EEPROMと同様に電圧をかけてデータを消去することができ、数十キロバイトの「ブロック」単位でまとめて消去する」こと。

タイトルとURLをコピーしました