ポート番号を下ネタ語呂で一発で覚える【基本情報技術者試験】

基本情報技術者試験

ポート番号とは、TCPやUDP上のアプリケーションを識別するために使われる番号のこと。

基本情報技術者試験では、代表的なポート番号の暗記を前提とした問題が出題されることがある。

ただ、ポート番号の丸暗記は苦痛なので、覚えやすい語呂を作ってみた。

インパクトを強めるため所々下ネタが含まれているが、露骨過ぎる表現は避けて作ったので許してほしい。

代表的なポート場号

FTP(データ転送)

ポート番号:20

役割:データ転送

語呂:太ったパパは臭うので、家から追い出した。

覚え方:太(FT)ったパパ(P)は臭(20)うので、家から追い出した(転送)

感想:パパ可哀想。

FTP(データ制御)

ポート番号:21

役割:データ制御

語呂:太ったパパ、食欲を制御、ついに痩せる

覚え方:太っ(FT)ったパパ(P)、食欲を抑え(データ制御)、つい(21)に痩せる。

感想:パパ頑張ったけど、臭いは解決してない件。

SSH

ポート番号:21

役割:サーバとの暗号化通信

語呂:SHYなあの子と隠れてチューチュー

覚え方:SHY(SSHをイメージ)なあの子と隠れて(暗号化)チューチュー(22)

感想:こんな学生生活を送りたかった・・・

Telnet

ポート番号:23

役割:コンピュータのリモート操作

語呂:もっこり兄さん「照れるねえ」

覚え方:もっこり(リモートをイメージ)兄さん(23)照れるねえ(Telnet)

感想:小学生が好きそうな下ネタ。僕も大好き。

SMTP

ポート番号:25

役割:メール送信

語呂:SMプレイ、たっぷりおしおきで「ニコッ」

覚え方:SMプレイ(SM)、たっぷり(TP)おしおきで「ニコッ(25)」

感想:どちらかというと僕はMなんじゃないかと思う。

DNS

ポート番号:53

役割:IPアドレスと名前の対応付け

語呂:拙者、どこにでもいる侍でござる

覚え方:拙者、ど(D)こに(N)でもいる侍(S)でござ(53)る

感想:絶対強い(確信)

HTTP

ポート番号:80

役割:HTML文書などの送受信

語呂:太った・・・ぴえんを超えてぱおん

覚え方:太った(HTT)・・・ぴ(P)えんを超えてぱお(80)ん

感想:ぴえんってもう死語なのかな・・・

POP3

ポート番号:110

役割:メール受信

語呂:ぷにっとおっぱい触っていいお!

覚え方:ぷ(P)にっとおっぱい(OP)触っていいお(110)!

感想:やったぁ!

最後に

即興で作ったので、もっと良い語呂を作れたかもしれない。

もし思いついた方はぜひコメントしてください。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました